よくあるご質問 Q&A

依頼について

女性救急救命士、女性看護師が対応させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はい。介護の国家資格を有したスタッフがお手伝い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お客様の環境に合わせ、実際に起こりえる病気やケガを想定し講習を行います。行っただけの講習ではなく“身につく”講習を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イベントの大小、人数、開催時間に関わらずお手伝いさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はい。お客様のご要望に合わせ、専門のスタッフが対応させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人件費×人数×時間で算出致します。その他物品使用費、遠方の場合は交通費及び宿泊費をご負担頂きます。また救急救命士や看護師が処置を行う際には医師による管理が必要とされるため、医師管理料をご負担頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はい。AEDはご依頼内容により1台から複数台持参します。その他、外傷対応物品・疾患対応物品などを持参します。またスポーツ大会などではその競技特有のケガに対応する物品を持参します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

護体制について

弊社と同様にイベント救護を行う会社がございますが、弊社と他社様の大きな違いは『臨床経験数』です。とくに救急救命士については、資格取得後の経歴について大きな差があります。
弊社は救急車乗務経験があり、様々な多くの現場を経験してきたスタッフが在籍しておりますので、現場での対応能力が他社様とは全く異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

一般的に派遣会社の医療スタッフは人材のみの派遣が多いようです。それに比べ弊社では“派遣”ではなくイベントの救護部門を“受託”させて頂いておりますので、医療スタッフはもちろんのこと、必要に応じて事務スタッフをチームメンバーに加えたり、ご依頼内容に合わせた医療機材を準備致します。また救護室に待機するだけではなく、運営に参加し、熱中症防止啓発や、危険箇所等の改善アドバイスなど、無事故開催のお手伝いをさせて頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

救護スタッフをボランティアでまかなうのはお勧めしません。救護特有の処置スキルが不明であることに加え、指揮系統、医療的管理体制など、救護に対する責任の所在が不明確になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

看護師は、患者などに対し療養上の世話や医師による診察の補助を行う資格であるのに対し、救急救命士は、病院以外の場所(プレホスピタル)で発生した傷病者(病気やケガをした人)に、観察・処置などの初期対応を行う資格です。救急救命士は、プレホスピタルケア(病院前救護)の役割を担っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

ご注意ください!
医師以外(救急救命士、看護師等)の医療従事者が救護活動を行う際には、救護業務を行う救急救命士、看護師等に対し医師による指示体制を整える必要があります。救護業務をご依頼の際は、必ず医師管理体制が整備されていることをご確認下さい。
ご検討中の方へ

お問い合わせ

ご依頼・ご質問、スタッフ希望等のご連絡は、こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。無料でお見積致します。