行政・自治会 等の皆様へ

が集まる場所には安全対策を!

 お祭り・スポーツ・観光地など、地方再生に集客イベントが注目されています。また自治会などで開催される子ども会なども沢山開催されています。 ご近所の病院や知り合いの医療者に救護を依頼することが多いようです。救護には救護のプロが必要です。救護を担うスタッフは救護のプロフェッショナルを配置しましょう。 誘導警備を担当する警備員さん、救護を担当する医療スタッフなどを適切に配置し、安全・安心へ万全の体制を整えましょう。

ポート事例

・公会堂なのでの集会、市民体育祭、スポーツ少年団、花火大会、お祭り、観光地での救護所運営など・自治会のお祭り、子ども会、防災訓練でのご指導など

その他の事例を見る

 

富士山登山サポート

この度は富士山登山のメディカルサポートありがとうございました。急な高山病の対処や、最後まで側にいていただいたお […]

コメントなし

少年スポーツイベント

当日もご丁寧にご対応頂き、安心して運営することができました。是非、今後とも宜しくお願い致します。

コメントなし

少年スポーツ教室

今回初めて貴社にご依頼し、救急の専門家に現場にいていただき、運営する私共も現場のスタッフも本当に心強く、有り難 […]

コメントなし

自転車イベント

先日の○○○(注:スポーツ大会名)では、打ち合わせ期間が短かったにも関わらずしっかりした救護運営をしていただき […]

コメントなし
ご注意ください!
医師以外(救急救命士、看護師等)の医療従事者が救護活動を行う際には、救護業務を行う救急救命士、看護師等に対し医師による指示体制を整える必要があります。救護業務をご依頼の際は、必ず医師管理体制が整備されていることをご確認下さい。
ご検討中の方へ

お問い合わせ

ご依頼・ご質問、スタッフ希望等のご連絡は、こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。無料でお見積致します。