新型コロナウイルスの消毒方法について

【新型コロナウイルスの消毒方法にご注意下さい】

新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かいつつあり、緊急事態宣言による外出自粛も段階的に解除されてきています。
徐々に外出する機会が増えてくると思いますが、ここでもう一度、消毒について正しい知識を覚えておきましょう。


1.接触感染
接触感染の基本的対策は「手洗い」です。さらにアルコール消毒を行うとよいでしょう。
また身の回りにある物の消毒には薄めた「次亜塩素酸ナトリウム」を使用しましょう。※濃度は下記URLを参照して下さい。
手洗い、アルコール消毒、身の回りは次亜塩素酸ナトリウム、これだけでも接触感染のリスクを大きく減らすことができます。
ただしここで気をつけて頂きたいのが、名前のよく似た「次亜塩素酸水」ではないということです。

「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は別物です。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは共に殺菌作用がありますが、使用目的と取り扱い方法をよく確認して使用する必要があります。
特に保存方法は重要です。次亜塩素酸水は保存方法、使用期限の管理が難しく誤った状態で保管すると効果が無くなります。

厚生労働省が新型コロナウイルスに対する環境整備として提示しているのは「次亜塩素酸ナトリウム」です。https://www.mhlw.go.jp/content/000617981.pdf

またこれらの消毒液を空気中に噴霧することは、効果が期待できないだけでなく次亜塩素酸を含む消毒液を吸い込むことで健康被害を及ぼす可能性があるのでやめましょう。
※厚生労働省通知
https://www.mhlw.go.jp/content/000605425.pdf

2.飛沫感染
飛沫感染は、感染者の呼気に含まれた新型コロナウイルスがエアロゾルとして空気中に放出されたものを吸入することによって感染が起こる状態です。

予防策は、
・人と人が一定の間隔をとること。
・密集しないこと。
・閉鎖空間にしないこと。
いわゆる「三密」状態を避けましょうと言うことです。

また、新型コロナウイルスは、感染していても無症状の人(発症の2日前)が一番感染力が強いとされています。「自分が感染しているかも」と疑って他人にうつさない行動をとることが大切です。
その為の咳エチケット、マスクも大切です。

3.さいごに
オゾンが新型インフルエンザを不活性化させるという記事を目にしますが、次亜塩素酸もオゾンもアルコールも新型コロナウイルスに対して効果があると報告されています。しかし問題となるのはその使用方法です。
オゾンが新型インフルエンザを不活性化させる濃度は、明らかに人に健康被害を及ぼす濃度です。またオゾンはゴム製品や樹脂製品を劣化させます。小型のオゾン発生器を稼働させたから安心ということではありません。

また、アルコールや次亜塩素酸ナトリウムは適正濃度のものを使用することにより効果を発揮します。
正しい根拠のある情報(政府が発信したもの等)を得て、正しく対策をしましょう。

お気軽にお問合せは下さい。
マルイチアテンド
01attend@maruichi-attend.jp

#新型コロナウイルス #COVID19 #消毒 #次亜塩素酸ナトリウム #次亜塩素酸水 #アルコール消毒 #オゾン #手洗い #接触感染 #飛沫感染 #緊急事態宣言解除 #自粛解除 #感染予防 #マスク #咳エチケット

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です